スーツの男性

これから初めての自毛植毛へ挑む人を勇気づける情報サイト

後頭部へのつっぱり感を感じる自毛植毛

外科手術となら自毛植毛は、植毛した後に後遺症として頭皮に及ぶことがあります。そのため、自毛植毛を受けようと検討している場合は、植毛がもたらす後遺症を知っておく必要があります。けれども、自毛植毛は植毛技術の進歩により薄毛の改善効果が高まっているだけでなく、ドナーを採取してから移植する時間が短くなっています。よって、定着率の低下を防ぐ以外にも、安全性を考慮した植毛方法が確定されたことにより後遺症にならずに植毛を受けることが可能となります。なので、技術と経験が豊富である医師がいるクリニックや、植毛実績に優れているクリニックを選ぶことで自毛植毛の後遺症にならずに済むこともあります。
ちなみに、自毛植毛による後遺症として後頭部につっぱり感を感じることがあります。自毛植毛においてメスで頭皮を切開するFUT法は、後頭部や側頭部の皮膚を切り取って髪を移植します。その際、頭皮を縦に数ミリメートルと横に数センチメートルで皮膚を切開するので、切開した皮膚を縫合することになります。なので、FUT法で植毛した人によっては、施術を受けてから数日間は後頭部の皮膚が突っ張られるという後遺症を感じることがあります。とはいえ、皮膚は切開したとしても自然と改善される上に伸びるので、後頭部のつっぱり感が永遠に続くことはありません。後遺症として後頭部の皮膚が引っ張られることがある自毛植毛は、つっぱり感によって悪影響をもたらすことはありません。