スーツの男性

これから初めての自毛植毛へ挑む人を勇気づける情報サイト

自毛植毛の手術方法に関して

自毛植毛は後頭部及び側頭部の毛を薄毛が進行している前頭部及び頭頂部へ移植する手術ですがその手法は主に数種類ほどありFUT法と呼ばれるメスで頭皮を切る方法で毛の採取株分け植毛を全て手作業で行うので定着率は他の手術方式よりは高い傾向にありますが手術後は横に長い後が残ってしまいます。もう一つはFUE法と呼ばれるもので髪を採取する際にメスは使わずくり抜き用のパンチを使って採取する事になります。
薄く丸い傷跡が残ってしまいますが通常の髪型であれば目立たないでしょう。そして単一植毛と呼ばれているニードル植毛と言う物があります。植毛針と言う器具を使用して髪を植える為に切り込みと植え付けを同時に行う手法になり傷跡が目立たないメリットがありますが、現在この手法を用いているのは日本と韓国のみだそうで時間と手間がかかるため実施するクリニックは減っています。そしてストリップ法で後頭部の毛髪を皮膚ごと細長く採取
し機械により自動で株分けや植え込みと作業をこなします。コンピューター制御で一定のスピードで行いますが毛根の生え方に無関係に行うので手作業よりも定着率が低いと言われています。費用や体への負担などを考えて自分にあった自毛植毛を選ぶのが良いでしょう。